斎場について

斎場は、もともとは神道用語で、祭祀・儀式を行う場所を意味しました。神道では、恒常的に設置されている神社のほか、必要に応じて野外・仮設建物などを、祭祀・儀式の場として用いる場合もありどちらの場合も斎場と呼びました。
また葬儀については、神道では死穢を嫌うことから、神社では行われず、死者の自宅などの場で執り行われる場合も多く、この葬儀が行われる場のことも斎場といいました。

葬儀が自宅葬から会場葬に移るに従い、葬儀会場として使われる場所が斎場を名乗るようになりました。また、火葬場についても、多くの公営施設がそうであ るように葬儀会場が併設されているものについて、火葬場という表現から斎場へと言いかえが行われ、葬儀関連施設を広範に示す言葉として定着しました。
公営の火葬場・斎場施設は一行政区に一つ(まれに二つ)ある場合と、複数行政区で連携して一つ持っている場合があります。

ただし、東京都は若干事情が違います。
東京23区内と周辺においては都営の瑞江火葬場は斎場が併設されていませんし、臨海斎場は併設ですが5区共同運営です(港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区)。
これらを除く23区内と周辺の火葬場は民営になります。これら民営火葬場には斎場も併設されています。(町屋斎場、落合斎場、代々幡斎場、桐ケ谷斎場、四ツ木斎場、堀ノ内斎場、戸田葬祭場、日華多摩斎場、谷塚葬祭場)
たとえば上記のような火葬場併設の斎場を利用しない場合、斎場と火葬場は別の場所になりますので、火葬の時に移動の必要性が生じ車などで移動することになります。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530

埼玉県の斎場を探す

南東部

北東部

西部

埼玉県の葬儀情報

埼玉県の葬儀の風習・しきたり

埼玉県では都市化の進んだ地域は、葬儀を行う場合は斎場を利用するようになりましたが、山間部や農村部の葬儀では、今でも古いしきたりが残っています。
埼玉県北部では葬儀の際に、男性は「かんむり」と言われる三角布をかぶり、参列者に杖が配られ、葬儀に参列するという風習があり、故人を三途の川手前まで見送るという意味が込められています。
埼玉県の秩父市では昔、近親者や親しい弔問客が酒を口に含んで故人に吹きかけるという風習もありました。これは遺体の殺菌のためと言われており、現代でも残っている風習です。
また、出棺の際に故人が使っていた茶碗を割る「茶碗割り」もしきたりの一つです。

埼玉県の主な葬儀場、斎場

埼玉県には、公営、民間が経営する葬儀場がたくさんあります。その中から費用の面を考えて、公営の葬儀場、斎場を紹介します。
埼玉県北部の行田市には行田市斎場があり、加須市にはメモリアルトネがあります。鴻巣市には県央みずほ斎場があり、熊谷市にはメモリアル彩雲があります。
埼玉県南部の越谷市には、越谷市斎場があります。
埼玉県東部の春日部市には、埼葛斎場があります。
埼玉県南東部のさいたま市桜区には浦和斎場があり、さいたま市中央区には公営斎場ひかり会館、さいたま市見沼区には公営斎場思い出の里会館があります。その他、上尾市には上尾伊奈斎場つつじ苑があり、朝霞市には朝霞市斎場があります。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530
  • 葬儀安心読本プレゼント
  • イマドキの葬儀事情
  • 参列のマナー
  • 関連サービス
  • いい葬儀
  • 社葬.com
  • 遺品整理なび
  • 遺産相続なび