お香典について

昔は各自がお香を持参して仏さまにたむけていました。今はお香を持参するかわりに、お香料を御香典という形で包むことになったのです。神式の場合には、お 香ではなく玉串を霊前に供えるので「御玉串料」というわけです。キリスト教の場合は花を供えるので「御花料」となります。

香典の表書き

仏式

葬儀の時の表書きは主に黒白の水引を使います。表書きは上段中央に、「御霊前」と書くことがもっとも多いようですが、浄土真宗の場合は「御仏前」と書きます。他に「御香典」「御香料」と書く場合もあります。

忌明け(四十九日)後の法要の表書き

黄白の水引を使い、「御仏前」と書きます。「御供物料」と書く場合もあります。

神式の表書き

銀の水引を使って、「御玉串料」と書きます。「御神前」「御榊料」と書く場合もあります。

キリスト教の表書き

「献花料」や「御花料」と書きます。水引はなくてもかまいません。

二人で一緒に包む場合

横に並べてそれぞれの名前を書きます。

グループで包む場合

半紙などにメンバー全員の名前を書き中袋に入れます。表書きには「◯◯会有志」とか、「◯◯会社営業部一同」のようにグループを表す名称だけを書きます。

香典の出し方

御香典は遺族の方が後で整理しやすいように出すことが重要です。住所や氏名は見やすいように書きたいものです。また金額もはっきりと書くようにしましょう。

金額の目安

お香典の金額は、故人にお世話になった度合によって違いますので、一概には言えませんが、一応の目安はあります。一般的には血のつながりが濃いほど高額に なり、両親の場合には十万円、兄弟で五万円、その他の親戚の場合一万円位が多いようです、職場の上司や同僚、近所の人、友人の場合には五千円が目安です。

ふくさの包み方

(1) 左側につめが来るようにふくさを開いて、中央に香典袋を置く
(2) ふくさの右側を折る
(3) ふくさの上下を折る
(4) 残った左側を折って包み、つめをさして止める。

御香典の供えかた

御香典をご霊前に供える時は、表書きが自分から読める方向にして供えます。

受付で係りの人に渡す場合には逆に、係りの人が読める方向にして渡します。

御香典を郵送する場合

通夜・告別式とも出席できない時には現金書留で御香典を郵送します。この場合、まず、現金を御香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。その際には出席できない理由と、故人を偲ぶ手紙を添えたほうが心がこもるでしょう。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530

埼玉県の斎場を探す

南東部

北東部

西部

埼玉県の葬儀情報

埼玉県の葬儀の風習・しきたり

埼玉県では都市化の進んだ地域は、葬儀を行う場合は斎場を利用するようになりましたが、山間部や農村部の葬儀では、今でも古いしきたりが残っています。
埼玉県北部では葬儀の際に、男性は「かんむり」と言われる三角布をかぶり、参列者に杖が配られ、葬儀に参列するという風習があり、故人を三途の川手前まで見送るという意味が込められています。
埼玉県の秩父市では昔、近親者や親しい弔問客が酒を口に含んで故人に吹きかけるという風習もありました。これは遺体の殺菌のためと言われており、現代でも残っている風習です。
また、出棺の際に故人が使っていた茶碗を割る「茶碗割り」もしきたりの一つです。

埼玉県の主な葬儀場、斎場

埼玉県には、公営、民間が経営する葬儀場がたくさんあります。その中から費用の面を考えて、公営の葬儀場、斎場を紹介します。
埼玉県北部の行田市には行田市斎場があり、加須市にはメモリアルトネがあります。鴻巣市には県央みずほ斎場があり、熊谷市にはメモリアル彩雲があります。
埼玉県南部の越谷市には、越谷市斎場があります。
埼玉県東部の春日部市には、埼葛斎場があります。
埼玉県南東部のさいたま市桜区には浦和斎場があり、さいたま市中央区には公営斎場ひかり会館、さいたま市見沼区には公営斎場思い出の里会館があります。その他、上尾市には上尾伊奈斎場つつじ苑があり、朝霞市には朝霞市斎場があります。

急な葬儀の手配とご相談はこちら
24時間365日 受付通話無料
明確な料金、お近くの場所、ご葬儀の質など多様な選択肢から満足度の高い葬儀社をご紹介します。
0120-205-530
  • 葬儀安心読本プレゼント
  • 施行業者インタビューと20の社葬事例無料ダウンロード
  • イマドキの葬儀事情
  • 参列のマナー
  • 関連サービス
  • いい葬儀
  • 社葬.com
  • 遺品整理なび
  • 遺産相続なび
  • いい葬儀提携募集